オペレーター

中国や海外へ進出する|翻訳会社にサポートしてもらおう

スムーズに仕事を

建物

仕事を成功させたいなら

日本では、2000年前後から、中国に子会社を作るなど、海外進出する企業が多く存在しました。現在こそ、その流れは他国へと移りつつあるものの、中国との関係なしでは日本の経済が回らない状況は変わっていません。しかし、現実問題として、中国への進出が成功し、地元に根付いて定着している企業がある反面、失敗に終わり撤退を余儀なくされている企業があるのも事実です。これにはさまざまな原因が考えられるものの、その一つとしては、意思伝達が十分にできなかった、ということが挙げられます。日本人は一つ言えば十わかってほしいという話し方をする傾向にありますが、そのことを理解しない通訳が中国人へそのまま翻訳した場合、意思が伝わらない場合があるのです。

専門用語ができること

ビジネスにおける翻訳業務は、一般的な通訳とは必要とされるスキルが異なります。特に業界の専門用語については、知らないと正確に伝えることは難しく、全く畑違いの分野では、すぐに翻訳の仕事ができるわけではないのです。そのため、自社で翻訳者を準備する場合には、本当に真意が伝わっているかを確認しながら仕事を進める必要があります。そういった現状を受け、翻訳する能力に長けた業界用語にも強い翻訳を行ってくれる翻訳サービスが登場しています。特に重要な仕事を進めていく段階では、そういった分野ごとの専門業者に委託するほうが、結果的に良い仕事が進められるものです。ビジネスの場合契約書などの書類が企業間で取り扱われるケースも少なくありませんが、契約書は重要な書類なため意思疎通に齟齬が生じてはいけません。確実に意思を伝えるためにも、正確な翻訳が欠かせない存在となるのです。

世界的な企業もあります

メンズ

韓国は日本の企業にとっても、重要な取引企業が多くある国家の一つです。韓国では言語が日本と異なります。ですから、見積書や契約書の内容をしっかりと把握するためには、翻訳サービスを有効的に利用するのが良いでしょう。

詳しくはこちら

海外の専門資料を読む時は

観光地

外国語表記の資料を読み解く時に、翻訳の手間に悩んでいる方もいるでしょう。そんな時には、専門の翻訳業者に技術翻訳を依頼してみるのが良い方法です。スムーズにわかりやすい資料を手に入れることができて快適です。

詳しくはこちら